〒731-0103 広島県広島市安佐南区緑井6丁目35-1

お問合わせはこちら TEL:082-555-8880

広島市 安佐南区 整形外科 人工関節 前十字靭帯 半月板損傷 膝 股関節

人工関節手術

診療の案内

  • 膝の痛み
  • 股関節の痛み
  • 肩の痛み
  • その他の痛み
  • 当院のリハビリテーション
  • テーピングについて

手術の案内

  • 関節鏡(内視鏡)手術
  • 人工関節手術
MOBILE SITE
人工関節ライフ
人工関節ドットコム
人工関節の広場
サカ緑井病院 整形外科・内科・外科・麻酔科

人工関節置換手術・人工骨頭挿入手術

変形性関節症や関節リウマチなどの病気によって、関節の著しい変形や強い痛みなどを生じ、日常生活にも支障が出るようになると、保存的治療では十分に症状を緩和することができないことも多く、そのような場合であっても、症状が合併する膝半月板損傷股関節唇損傷由来と判断できれば、関節鏡手術をまず検討し、若年で活動性の高い方の場合には、骨切り手術の適応になることもありますが、やはり関節全体に及ぶ進行した関節症や、高齢者の関節症では、効果の確実性などの点から人工関節置換手術や人工骨頭挿入手術を選択します。

現在使用可能な人工関節としては、膝や股関節をはじめとして、肩、肘、指、足関節の人工関節がありますが、術後の症状や機能、耐用年数の問題などから、膝と股関節に比べると、他の部位の人工関節手術の頻度は少なくなっています。

人工関節置換手術は、経過の長い関節症や、進行あるいは重症化した関節症であっても、痛みを取り除く効果が比較的高く、骨切り手術などに比べると術後の安静期間も短くできるという点で優れた手術と言えますが、感染症や血栓症など、重大な合併症を生じる危険性もあるため、安易に手術を行うことは避け、手術の限界や合併症についても担当医から十分な説明を受けた上で、手術を行うかどうかを判断することがとても重要です。

人工関節は、一旦体内に設置すれば二度と入れ替えが要らないというものでなく、長期間の使用で緩みや破損、磨耗などを生じれば、再手術を行って新しい人工関節に入れ替えることもあります。この点で若い方や活動性の高い方では特に注意が必要で、そうでない場合でも、術後には定期的に病院を受診し、関節の機能や人工関節の具合などをチェックして、不具合が見つかった場合には早期に対応できるようにしておかなくてはなりません。

当院で行っている人工膝関節置換術の特徴

3次元的に骨の形は人それぞれ少しずつ異なっており、術後良好な機能を獲得するためには、それぞれの骨の形に合った手術を行うことが理想的です。

当院では術前のCT画像をコンピューターに取り込み、特別なソフトウェアを使用して、手術を受けられる方個々の骨の形に合うように手術前計画を立てています。さらにその計画を元に正確な手術ができるよう、専用器械を使用して手術を行っております。この方法では、手術を受けられる方個々の骨の形に合った人工膝関節の設置が可能で、しかも変形が高度な膝に対しても対応することができます。

当院での人工膝関節手術に対する考え方

  • 手術の適応については、できるだけ広く受け入れられている基準を採用するように心がけ、合併症などについても十分理解できていることを条件にし、安易に手術を選択することがないよう注意します。
  • 骨の形は人それぞれ異なっているため、CT画像を元にした、術前計画を行い、個々の骨の形に合う手術を行っています。
  • 術後の安静期間を短くし、早期リハビリを行うことで、下肢筋力の維持や合併症の防止を図ります。
  • 入院期間は術後2週間から3週間程度ですが、廊下を歩けるだけでなく、「屋外も歩ける」「階段昇降もできる」状態を退院の基準としていますので、必要に応じて入院期間を延長することもあります。もちろん、術後早期に十分な機能回復を達成して、合併症なども見られなければ、2週間を待たずに退院することも可能です。

股関節の人工関節置換手術および人工骨頭挿入手術

股関節のうち、大腿骨側のみに人工物を挿入する手術を人工骨頭挿入手術、大腿骨側だけでなく、骨盤(寛骨臼)側にも人工関節を設置する手術を人工関節全置換手術と呼びます。

股関節の人工骨頭手術が最も多く行われるのは、高齢者の大腿骨骨折で、変形性股関節症や関節リウマチでは、一般に人工関節全置換手術が行われています。

大腿骨頭壊死症では、病変が大腿骨側に限局しているので、人工骨頭挿入手術が行われることもありますが、手術後長期間経過すると、徐々に骨盤側のトラブルを生じてくることもあるので、若年者の場合にはむしろ人工股関節全置換手術を選択することも少なくありません。

2009年度、わが国で4万件以上の人工股関節全置換手術が行われ、膝同様に広く普及した手術と言えます。

疼痛を緩和する効果に優れ、術後早期に歩行が可能になるなどがこの手術の長所で、術前下肢の長さに差があった場合にも、ある程度下肢の長さを揃えることが可能です。

一方、感染や血栓症などの合併症の他にも、関節脱臼を生じることもありますので、手術の長所と短所について担当医から十分な説明を受けた上で、手術の是非について慎重に判断することが必要です。

当院での人工股関節手術に対する考え方

  • 手術の適応については、できるだけ広く受け入れられている基準を採用するように心がけ、合併症などについても十分理解できていることを条件にし、安易に手術を選択することがないよう注意します。
  • 骨の形は人それぞれ異なっているため、CT画像を元にした、術前計画を行い、個々の骨の形に合う手術を行っています。
  • 術後の安静期間を短くし、早期リハビリを行うことで、下肢筋力の維持や合併症の防止を図ります。
  • 入院期間は術後2~3週間程度ですが、術後早期に十分な機能回復を達成して、合併症なども見られなければ、より早期の退院も可能です。

肩・肘の人工関節置換手術および人工骨頭挿入手術

肩や肘は荷重関節でないため、人工関節や人工骨頭を必要とするほどの進行した関節症の頻度は少ないと言えますが、高齢者で転倒した際に生じる上腕骨の骨折や変形性肩関節症に対しては肩の人工骨頭挿入手術を行うことがあります。

人工骨頭で十分な効果が得られ、また荷重関節でない分、長期間の安定した術後機能が得られることが期待できるので、膝や股関節と異なり、肩の人工関節全置換手術を行うことはまれです。

但し、関節リウマチにおいては、肩甲骨側の骨軟骨異常が著しいなどの理由から、人工肩関節全置換手術が選択される機会が比較的多くなっています。

肘については、人工関節手術を必要とする原因のほとんどが、関節リウマチです。変形性肘関節症においても人工関節手術を行うことがありますが、頻度は比較的少ないといえます。肘の人工骨頭は肘周囲骨折の一部に実施されるとどまり、日常的に行われるものではありません。

肩や肘においても、感染など重要な合併症を併発することがあり、その他にも肩や肘の関節可動域が期待したほど改善しないこともあるので、やはり手術の限界や短所などについて、術前に十分な説明を受けることが大切です。

当院での人工肩・肘関節手術に対する考え方

  • 手術の適応については、できるだけ広く受け入れられている基準を採用するように心がけ、合併症などについても十分理解できていることを条件にし、安易に手術を選択することがないよう注意します。
  • 術後の安静期間を短くし、早期リハビリを行うことで、上肢筋力や関節可動域の維持、合併症の防止を図ります。
  • 入院期間は術後2~3週間程度ですが、術後早期に十分な機能回復を達成して、合併症なども見られなければ、より早期の退院も可能です。